医療機器、理化学機器の輸入販売
株式会社リコオテクノは、欧米の一流医療機器、理化学機器を取り扱う専門商社です。

e-Mail: info@riko-techno.com

電話:03(5577)6133

受付時間: 平日 AM9:00〜PM17:00

リコオテクノ:医療機器・医療業界動向

トップ > 医療業界動向 > 急増する訪日外国人客、日本滞在中の病気で治療費払わず出国?

急増する訪日外国人客、日本滞在中の病気で治療費払わず出国?に、自民が提言!

治療費未払いの訪日外国人客は再入国を拒否

自民党プロジェクトチームは平成30年4月27日、増加している訪日外国人客が訪日中に、病気などにあった場合、病院で治療を受けても治療費を払わず出国するケースが相次いでいるとし、治療費未払いの訪日外国人客は再入国を拒否するとの提言を安倍政権へ提出。これは英国でも同様の対応を行っています。

訪日外国人客
日本を訪れる外国人客は年々増加しており、昨年は2,800万人を超え、安倍政権は2020年に4,000万人の外国人を訪日させ、8兆円、日本での消費を目指しています。
ただ、外国人が多くなれば、それだけ病院へ行く回数も多くなり、治療費未払いが発生する確率も高くなります。

訪日外国人客の3割は旅行保険未加入

訪日外国人客の約3割が海外旅行保険に未加入とされており、治療費もクレジットカードは使えず現金払いと高額になるため、自民党プロジェクトチームでは海外旅行保険の加入を薦めることも提言しています。
平成29年1月には、タイから訪日した女性が心臓発作で倒れ意識不明となり、東京医科歯科大学病院へ搬送。生存率は0.2%と重病でしたが一命はとりとめました。 ただ、治療費は手術台や入院費など約1,600万円。払えるわけがない大金です。
在東京タイ王国大使館では多額の治療費の返済に苦労するタイ人女性への寄付をインターネット上で呼びかけ、タイ大使館は850万円を負担、残額は分割で返済することで病院側も承諾しています。

日本の医療機関、外国人へは日本の保険料負担分と同額だけを請求

医療機関厚生労働省が自民党プロジェクトに提示した平成28年の調査では、1,456の医療機関のうち83%が外国人の対応費用を追加せず、公的保険の診療報酬と同額だけを請求したと回答しています。
同省の試算では月に五十人程度の外国人患者を受け入れる医療機関の外国人患者への対応費用は、コーディネーターや医療通訳者、外国語対応看護師など年間1,800万円〜2,600万円かかると言います。
外国人患者一人に対し3万円〜5万円、医療機関が負担していることが現状です。

外国人向け治療に医療機関を充実、費用は出国税から

一方、提言では、訪日外国人客が日本で安心して治療が受けられるよう、外国語で治療を受けられる医療機関の充実や、薬局での多言語対応などを推進するほか、文化や習慣に配慮した治療のための研修を行うことを要請。
これは、医療機関にとっては大きな負担となりますが、平成31年1月に導入される新たな出国税を財源に2020年までに全国で整備することを要請しています。
米国損害保険大手のAIUによると、盲腸の治療費を都市別で見るとニューヨークの21万6,000円からシドニー86万4,000円、ロンドンで151万2,000円と大きく開きがあり、海外旅行保険は必需品と考えられます。

[2018.5.4更新]

▲ page top