医療機器、理化学機器の輸入販売
株式会社リコオテクノは、欧米の一流医療機器、理化学機器を取り扱う専門商社です。

e-Mail: info@riko-techno.com

電話:03(5577)6133

受付時間: 平日 AM9:00〜PM17:00

リコオテクノ:医療機器・医療業界動向

トップ > 医療業界動向 > 米国で話題、低侵襲手術での医療機器がたった500ドル!?

米国で話題、低侵襲手術での医療機器がたった500ドル!?日本でも実例

小児外科医と機械技術師が開発

米国では、様々な手術において低侵襲手術用の医療機器が利用されていますが、高額な医療機器とは別に500ドル(約5万3,000円)と格安な低侵襲手術用の医療機器が開発され話題となっています。
米テクノロジー誌の「MIT Technology Review」によると、新しく開発された低侵襲手術用の医療機器は、米ミシガン大学の小児外科医・Geiger教授と機械技師SAwtar氏が開発。
外科医が片腕に低侵襲手術用の医療機器をつけ、先端についた手術用の針を操作して縫合することができるものです。
従来、同様の医療機器では、縫合の際に針の角度を変えることができませんでしたが、開発された医療機器では先端部分が多関節になっているため、角度を自由に変え理想に近い角度で縫合することが可能になりました。

開発者、「世界中に低侵襲手術を普及させることができる」

医療機関可動域も広く、ロボットが支援する内視鏡手術のような低侵襲手術が可能で、米FlexDex Surgical社が「FlexDexニードルドライバ」の製品名で500ドルで販売。
開発者は、「高額な医療機器を切り替えることは考えていないが、世界中に低侵襲手術を普及させることができる」と述べています。
「FlexDexニードルドライバ」は、メスなど一般用の医療機器で、医療機器分類クラスではクラス1。これは不具合などが生じた場合、人体へのリスクが極めて低いと認定されるもので届出が出されています。
「MIT Technology Review」の記事では、新たな低侵襲手術用の医療機器「FlexDexニードルドライバ」を使用したいという意思のコメントも掲載されました。

日本で初の手術、「クオリティが上がった」

FlexDex Surgical社のウェブサイト上では、「FlexDexニードルドライバ」を使用した外科手術が平成29年12月、米国外では初めて日本の横浜新緑総合病院で実施されました。
手術を担当した斎藤外科・消化器科部長は、手術用練習機で1週間毎日練習し、縫合しづらい角度でも多関節を利用し縫合のクオリティを上げられ、タッカーを使わざるを得ない部分も縫合することができたとコメントしています。
縫合の角度が難しい手術において、手術の質を上げられると現在、北海道大学病院など日本の10病院で利用されています。

世界医療「病気を治す」から「患者の負担軽減」に

現在、世界の医療は難しく困難な病気を治すことだけでなく、患者の体の負担を可能な限り軽減し、さらに効果的な治療を行う低侵襲医療が主流となりつつあります。
日本においても、低侵襲医療は様々な病気で急速に普及しており、最先端の医療技術や、医療機器の研究開発が行われています。
「FlexDexニードルドライバ」は、医療機関に資金的に負担もなく、かつ先端技術を提供できる医療機器であり、この医療機器の誕生に、追随する医療機器メーカーも出てくる期待が高まります。

[2018.5.8更新]

▲ page top