医療機器、理化学機器の輸入販売
株式会社リコオテクノは、欧米の一流医療機器、理化学機器を取り扱う専門商社です。

e-Mail: info@riko-techno.com

電話:03(5577)6133

受付時間: 平日 AM9:00〜PM17:00

リコオテクノ:医療機器・医療業界動向

トップ > 医療業界動向 > 医療機器生産額No.1の静岡県!次は海外輸出、官民連携で推進

医療機器生産額No.1の静岡県!次は海外輸出、官民連携で推進

米国医療関連企業、投資家を招待、フォーラムを開催

静岡県は平成30年7月、県内の医療機器や医薬品、医療産業の国際展開を推進、拡大させるため平成30年11月7日に静岡市内で「2018日米医療機器イノベーションフォーラム静岡」を開催することを発表しました。
フォーラムには米国のシリコンバレーの企業や投資家を招待し、光技術など県内の企業が持つ最先端の技術を紹介し、相互に協力関係を図る方針です。
静岡県は、医療機器では生産高でトップでありながら輸出に関しては力不足の部分もあり、米国など有望市場との連携で医療機器を輸出産業の柱として育成する考えです。

医療機器生産額は国内No.1、医薬品も5位

静岡・医療機器生産額厚生労働省が平成29年9月に発表した「薬事工業生産動態統計年報」によると、平成27年の静岡県の医療機器の生産額は3,805億円と全国1位となり、医薬品でも5位に入りました。
医療機器と医薬品の合計総生産額は、6年連続で全国トップとなっています。
これは、「富士山麓先端健康産業集積プロジェクト」や「ふじのくに医療城下町推進機構」、「はままつ次世代光・健康医療産業創出拠点」など医療機器や医薬品の関連産業の集積や、活性化に取り組む静岡県が企業にとっては魅力ある県であることを示すことであり、今後は輸出にも力を入れ、医療機器や医薬品の輸出拡大に取り組みます。

フォーラムでは最先端技術を紹介

共催はシリコンバレーを拠点にし、日米の医療機器の協力を推進している「US―ジャパン・メドテック・フロンティアーズ」で、会議では講義などに加え、静岡県内の医療機器関連企業の紹介やPR、ビジネスマッチングの場も設ける予定です。
特に浜松地域の光産業では、世界最先端の技術を持つ企業も多く、8Kのイメージセンサー技術を持つ企業など、医療関連の関係者から注目されています。
県東部地域からも「富士山麓先端健康産業集積プロジェクト」で既に国際展開している企業も参加予定で、静岡県でもフォーラムを県内の中小企業の海外展開の突破口にしたいと期待を示します。

静岡の主産業、輸送機器から医療機器など医療産業へ

静岡・医療機器生産額これまで静岡県の主な産業は、隣が愛知県とトヨタ自動車本社や三菱リージョナルジェット旅客機の生産などもあり、輸送機器に依存してきましたが、自動車はガソリン車からEV(Electric Vehicle:電気自動車)化に危機感もあるようです。
医療機器の生産額では既にトップですが、将来的な成長産業として県は、さらに医療産業を拡大させたい方針で、実現には国内より海外への輸出と見ています。
医療機器では、欧米のメーカーがシェアを占めますが、「ものづくり大国」として再び「Made in JAPAN」が注目されることに期待が込められます。

[2018.7.17更新]

▲ page top