TCS社:酸素解離結合曲線記録装置ヘモックスアナライザー

●5~50uLの全血または溶血血液サンプルをヘモックスソリューションに溶解させ、酸素解離・結合曲線をつくります。
●2波長分光光度計とクラーク電磁式酸素分圧測定装置を内蔵,出力をHAS(Hemox Analytical Software)で解析します。
●ヘモックスソリューションにより、pH7.40の条件で測定できます。測定温度や酸素分圧を切り替えスイッチでデジタル表示します。
●測定時間は、一曲線(解離または結合)約30分です。

酸素解離結合曲線記録装置ヘモックスアナライザーの特徴

TCS社製ヘモックスアナライザーは、全血または溶血血液サンプルの酸素解離または酸素結合曲線を一曲線当たり約30分で自動記録できます。
pH7.40のヘモックスソリューションに、サンプル5~50uLを溶解させ,37度恒温キュペットで測定します。恒温キュベットのサンプルに窒素ガスを流し,脱酸素化をおこない、酸素解離曲線を測定し、空気で酸素化し、酸素結合曲線を記録します。
酸素飽和度測定用に2波長分光光度計を使用し、各データを測定します。
サンプルの吸引、窒素ガスと圧縮空気の供給ガス切り替え,サンプルの廃棄,キュベットの洗浄、pO2電極、分光光度計の調整等の各操作は,コントロールパネルで行います。
測定データはUSB接続されたパソコンのHAS(Hemox Analytical Software)ソフトウェアで処理,画面にグラフィック表示され、酸素解離・結合曲線をプリントできます。

The HEMOX Analyzer

The HEMOX ANALYZER is an automatic system for the recording of blood oxygen equilibrium curves and related phenomena.
The recording can be performed in the association or dissociation modes, utilizing fresh whole blood or hemolysate.
A recording can be performed with as little as 2 micro liter of blood, but for routine measurement it is best to use 30 to 50 micro liters.

お問い合わせ
お問い合わせ

PC表示SP表示

このサイトは医療関係者向けです。

こちらで提供する情報は、医療関係者の方々へ提供することを目的としています。一般の方への情報提供を目的としたものではありません。恐れ入りますが一般の方は閲覧をご遠慮ください。

あなたは医療関係従事者ですか?

お問い合わせ